top of page

ねぷろぽこさん過去生リーディング【天使界のツインレイ】

まずは今回お会いする存在から感じる色です


黄色:菜の花

ピンク:桜の花

赤:薔薇の花

水色:花

紫:花


虹色:虹


ーーーーーーーー


ねぷろぽこさんに伝えたい事があるのはどなたですか?


真っ白なユニコーン

たてがみに太陽の光が当たって、虹色に輝いてる


天使界の森


白いユニコーンと一緒にお散歩してる天使(女)

ふんわりとした栗色の髪の毛(肩下くらいの長さ)

優しそうな顔

6枚の白い羽


2人(1人と1頭)は、天使界の森をお散歩してる

森の中の、そこだけ木々がない開けた場所に出て、上から太陽の光をさんさんと浴びてる


花が咲いてる

色んな色の、色んな種類の花

天使は小さな可愛いピンクの花を1つだけ摘んで、ユニコーンのたてがみに挿した

そしてそれを見て可愛くて嬉しそうに笑った


ーーー


天使には、双子の姉妹がいた

小さい頃からとても仲良しの姉妹で、いつも一緒にいたし、いつもお互いの気持ちを一番理解出来た


今は姉妹は一緒に居ない

いつもは2人一緒に出かけていた森の散歩に、今は1人で出かけている(ユニコーンは居るけど)

双子の姉妹は、天使界を出て行ってしまった

他の星へ転生して行ってしまった

「私は行けない」と天使は言い、自分は天使界に留まった


「あの子には『人を助けたい、星を助けたい』という強い思いがある。

双子だけど私とは違う。

私は怖い。波動の低い地上に降り立つのは怖い」


ーーー


森の中のひらけた場所で、ユニコーンが話し始めた

無口なユニコーンが話すのは珍しかった


ユニコーン(男)(名前はトビー)

「君の姉妹が困っているよ」


天使

「・・・分かってるのよ。伝わってくる」


トビー

「あの星は、ツインが共鳴すれば、それだけで光り輝く。

ツインの共鳴の光はとても強力だから」

天使

「・・・分かってるの。でも怖くて行けないのよ。

あの星に行ったら、きっとあの低波動にやられてしまうわ。

姉妹と出会えても共鳴なんてとても出来ないと思うの。逆にケンカでもして仲たがいして、星の波動を下げちゃうんじゃないかと心配なの」


トビー

「だからこそ、沢山のツインがあの星に降り立たなければいけない。

全てのツインがあの星で共鳴するのは難しくても、成功するツインだって何組かは居る。

あの星に降り立つツインの数が多ければ多いほど、共鳴出来るツインの数も多くなる」


天使

「分かってるのよ・・。ちょっと時間が必要だっただけ。

覚悟する時間が必要だったの。

もう大丈夫。覚悟はだいぶ出来てきたわ。

何があってもあの子に会って、あの星であの子と共鳴しなくちゃ。

私の大好きな大切な姉妹。

あの子の勇気と行動力にはいつも驚くわ。

でもあの子は考える前に行動してしまう事があるから、失敗する事もある。

早くそばに行ってあげなくちゃいけないわね」


トビー

「一緒に行くよ」


天使

「ありがとう(にこっ)」


ーーーーーーーー


お名前は?

「ミルク。姉妹はクルミです」


可愛い名前・・!!


天使界から、sasaさんが先に地球に降りて転生を始めたんですね?


「そうです。あの子は私が地球に降りる前に2つ、地球での人生を経験しています」


今回どうして出てこられたんですか?ねぷろぽこさんに何を伝えたかったんですか?


「ツインがこの地球で共鳴するというのは、かなり難易の高い事です。

ツインそれぞれお互いが、自分の中の恐怖心やエゴを手放していかなければ、ツイン同士共鳴は出来ません。

地球でのツインは共鳴どころか、出会えても仲たがいしてしまうパターンがとても多いのです。

ツインは一緒に生きて、仲良く、お互いを思い合う事で、強い光を発します。

地球グリッドが強く光り輝きます。

私たちは地球を輝かせるため、ここに来たのです」



 


ねぷろぽこさんと妹さんのsasaさんはツインレイだ、というのは以前からリーディングで言われていました。


ねぷささ姉妹は・・・私が知り合った時は、まだ仲があんまりよくなかったです(^^;


あれから色んな事があって。

いろーーーーーんな事があって。

姉妹それぞれが毒出しを続けて。

毒出しが辛い時にはお互い支え合って。


今では出会った頃には考えられないくらい仲良し姉妹です。

「だいすき!」とお互いに言い合える姉妹。


きっとこれから2人で一緒に地球人生を沢山楽しんで、地球グリッドを沢山輝かせてくれるんだと思います✨







 



🔻天使(ギュー)の癒しのエナジーです☆




0件のコメント

댓글


bottom of page