ゴタゴタしてるけど、やっぱり山は最高。

皆さまいかがお過ごしでしょうか?


アメリカは何やら日に日にゴタゴタした雰囲気が強まっています。ゴタゴタ。


非常事態宣言が出て、ニューヨークやワシントン、カリフォルニアなどロックダウンになる州が毎日増えていってます。


ニューヨークなど大都市に住んでいるお友達に連絡してみると、勤めていた人の多くがすでに解雇になっていて。

ビジネスやってた人はお店を閉めていて収入が無くなってて。

みんな今後どうなるか全く分からない不安の中、自宅待機しています。


ニューヨーク在住アジア人のお友達は「ヘイトクライムが怖いからアジア系のマーケットのみ行ってる」と言っていました。


お買い物するにもスーパーマーケットの外まで行列が出来ているらしく。

トイレットペーパーの他にも缶詰、冷凍食品、パスタ、お米、砂糖や塩など、小麦粉、水、パン類・・・

など色んな商品が売り切れ状態だそうです。

肉や野菜はまだ買えてるらしいから良かった。


とにかくこの状態が長く続かない事を祈るばかりです。

みんなのちょっとしたブレイクタイム、で終わるといいな。





都市部の緊張感とは裏腹に、今のところダンスミュアはいたって平和です!

子供達の学校がない以外は何も変わらない、穏やかな生活を送っています。


村には普段から人も車も少ないので、ロックダウンになっても村の景色にこれといって変化はなくw


みんなロックダウンになる前に大きな町へ買い出しに行ってあるので、今ダンスミュアに一軒だけあるスーパーマーケットは特に混んでもいません。

売り切れの品があっても2、3日後には棚に並んでる。

村の人口が少ないから、みんな都会よりも「買い占めとかなきゃ」という気持ちにならないんだと思います。


住民たちは皆、それぞれが自宅待機しつつ。

山や川を散歩したりして、穏やかに過ごしています。



とにかく誰もパニックになってない。


逆に「住民みんなで助け合って乗り切ろう!」という雰囲気が満ちているダンスミュア。




ダンスミュア住民facebookページには、こんな書き込みがありました。


散歩しているご近所さんへ、道にチョークで残したメッセージ「Have a great day!」🦋



「シニアの家に緑のカードと赤いカードを配るのはどう?

赤いカードが窓辺に出ていたらヘルプが必要ってサインなの」

というアイデアが提案されていたり。




学校がなくなって、子供達の学校の先生からはほぼ毎日連絡があります。

「何か必要なものはない?」

「授業がなくても学校の給食は毎日車でピックアップ出来るから、必要なら学校のパーキングに取りにきてね」

と言ってくれたり、学校のアプリで子供達と直接メッセージを送りあったりしてくれています。




ダンスミュアのあるシスキュー群には【シニアボックス】という制度があります。

65歳以上の人は申し込めば誰でも、月に1回シニアボックスを群から貰えます。

シニアボックスにはその時によって、野菜や缶詰、冷凍食品、粉系、レトルト食品…などなど色んな物が入っています。


このシニアボックス、普段は村の【リソース・センター】という建物に配達されて、シニアの方々が月に一回自分で取りに行くのですが。

ダンスミュアではロックダウンの間、それぞれのシニア宅にシニアボックスが配達される事になりました。


配達してくれるのは、村の若者たちボランティア。



ダンスミュア、ホンワカするぜ〜(*´꒳`*)


ここに住めてる事が、改めて本当に幸せだと感じます。




私達も村のために、出来る事をやろう!


私達に出来る事…。


隣のおばさん(おばさんと呼んでるけど実はシニアの歳)を家に呼んで、女子全員(おばさん、私、母ちゃん、娘ちゃん)で《餃子を包んで焼いて食べる会》を開きましたw


おばさんは出来た餃子を2皿、近所に住んでる弟夫婦にも分けに行って。

おばさんの弟さんは日本食が好きで、とーーーっても喜んでくれて。良かった〜。

さすが餃子✨世界で愛される✨





ロックダウンになって学校もなくなって、子供達が毎日家に居て。

夏休みとかなら子供は村の子供達と遊ぶんだけど、今はそれも出来なくて。


しかも先週末は急に冷え込み、大雪でした。



モモは大喜び!



久々の暖炉を満喫するハナ姉さん



子供達は家の中で、ヒマーーー状態。

ゲームばっかになっちゃうので毎日一緒に漢字の練習したりしてるけど、それもそう長時間出来るわけでもなく。


こんな時は、DIYだっっっ!!!


モモの部屋を作るゾーーーー!!

そうだ、上に人がお昼寝出来るように《2段ベッド》にしよう!!



パパが木を切って。子供が木に色塗って。



だんだん出来てきた。あとは上を人間用ベッドにするために、板並べてマットレス置いて…



2日間みんなで頑張って、とりあえず完成(仮)

壁に板を増やして中をもっと見えなくするかどうか、まだ全員で相談中です。



出来上がると猫もさっそくチェックしに来ました。



ミカン「うん、なかなか良い感じ」



今はこんな感じです。上にミカンと寝てるのは長男。




雪が終わると、しばらく暖かい日が続きました。


隣の庭でTokiと遊ぶモモ



去年の夏に植えた桜、花咲いたー\(^o^)/



嬉しいなあ、春だなあー(*'▽'*)






明日からまた1週間ほど雨/雪になる予定なので、家族みんなで家に籠ります。

(晴れてても篭ってるけど山に散歩とかは行ってるので)


あ、そうか。

山では毎年冬になると、大雪が降るたんびにみんな家に篭るんだった。

【学校閉鎖】も大雪でほぼ毎年あるんだった。

雪がひどくなれば、仕事に行けないのも当たり前。

そして「自宅待機(吹雪)がいつ終わるか分からない」のも、当たり前。


山の人達は【自宅待機】に慣れっこなんだ。

しばらく家で待機する場合に何を買っておけば良いかも分かってるし、冬の大雪に備えた備蓄もある。

だからパニックになりづらいのか。



そして何よりもこの村には、山から湧いたばっかりの美しい川が流れてる。

水が湧き出る場所がいくつもあって、庭に井戸がある家もいくつもある。

何があっても【水】には困らない。


春〜秋には川で大きなニジマスが釣れる。

山ではキノコや山菜が採れる。

みんな庭で野菜を育ててて、普段からご近所で野菜や果物や魚を分け合ってる。


ほぼ全ての家に暖炉があるから、電気がなくなっても暖房と料理は大丈夫。

両側を山に挟まれてる村だから、薪に困る事もない。



『いざとなれば、村の住民みんなで助け合って生きていける』


そんな安心感がダンスミュア全体を包んでて、穏やかな雰囲気を作ってる。



ここに暮らせて本当に幸せだなーと日々感じつつの、自宅待機です。


やっぱり山ってさいこうだー。







🔻アリアンロッドの

【穏やかな心で助け合う。そんなエナジーが自分に満ちて、周囲にも伝染していくエナジー】

です☆



0 views
  • Twitter Social Icon
  • Instagram - White Circle