top of page

4年記念日

4月20日ですね!

4月20日はアリアン家にとって、シャスタでの生活をスタートした記念日です。

この家に住み始めた2018年4月20日から、丸4年が過ぎました。

あっという間だったような、物凄ーーく長かったような。

色々詰まった濃いいいい4年間だった!!


最近はnoteに旧ブログを少しづつコピペしてたり、ゆぁさんのブログで過去世リーディングの内容をアップしてくれてるのを読んだりしてて、かつての日々(2016年とか2017年あたり)を思い返す機会が多いです。


ギューと出会ったのも4月でした。「出会った」はおかしいけど。存在を認識した。

2015年の年末に「カレンダー見てお腹ギュー」が始まって。

2016年の4月にギュー散歩をして桜を見たんでした。

ギューと初めて話してから6年。なんて濃い6年間だったんだろう。

たくさんドキドキハラハラした。でもその分ワクワクもいっぱいあった。

いっぱい泣いた。でも全部必要な涙だったと今は思える。


2016年、人生は辛かった。

2022年、人生は楽しくなってる。


今なら分かります。

ギューは私を騙しに来た悪魔や低級霊じゃなかった、と。

ちゃんと天使でした。

ブツブツ言う天使。

お説教くさい天使。

人生の試練にどんどん突っ込んで行かせようとする天使。


天使や守護たちって結局は『応援』してくれるだけで、動くのは自分。辛い試練にぶつかっていかなきゃいけないのは自分で。

でも天使がそばで全力で「がんばれ!」って応援してくれてたり、辛い事が起きた時には「ねえ今の酷かったよね!見たでしょ!(泣)」と愚痴れたり、落ち込んだらLove注入してもらえたり、ブツブツお説教してくれたり、たまには褒めてくれたり、そういうのがあると1人で頑張ってた時よりももっと頑張れる。


辛い状況を変えようと必死でぶつかってみて、でもダメで、またぶつかって、でもダメで、を何度も繰り返して心が折れかかっても、応援してくれる存在がすぐ近くで見守ってるから「自分は1人じゃない」と常に思えるから、歯を食いしばってもう1度立ち上がって「ダメなら他の方法を探してみよう」と動き出せる。


私にとって、ギューや守護たちの存在を認識して話したりするようになって・・スピリチュアル的に「覚醒」して、自分に起きた最大の変化は「1人じゃないと思えること」かも知れない。


守護や天使と話したって未来を教えてもらえるわけじゃないし、上手な生き方を教えてもらえるわけでもないし、願いを叶えてもらえるわけでもないけど。

「1人じゃない」と知ると強くなれて、「自分は1人だ」と思ってた時よりももっと頑張れて、見守られながら1つづつ人生の壁にぶつかって行って。

頑張る過程で自分の中に潜む恐怖心やエゴを見つけて1つづつ手放して(パイプお掃除)。


そうやって自分自身が変わっていくと、状況も変化していって。

辛かった「人生の壁」が変化したり解決したりして、1つづつ無くなっていって。

毎日の暮らしの中から「嫌だなあ」とか「超やりたくない」という事が減っていって。

願いが叶う事が増えていって。


あれ?オイラ今めちゃ幸せじゃん?


てなる。


それを体験した6年間でした。





今、新たな『転換期』みたいなポイントに立っているという気がします。


ギューと話し始めた2016年は私にとってとても大きな1度目の『転換期』でした。

2016年4月~2022年4月が、アリアンとギューの【第一章】だった。

そしてここから全く新しいステージが始まる。アリアンとギューの【第二章】スタート。


【第二章】は、一体どんなものになるんだろう?

【第二章】は一体いつまで、何年間くらいになるのか?

試練がいっぱいあるのか、それともルンルン楽しみながら進んで行けるステージなのか?

今はまだ全く想像出来ませんが。

とりあえずワクワクです!ワクワクドキドキ40代。


見えなくても一緒に居てくれる守護やアニマルのみんな、いつもありがとう。

ギュー、これからもよろしくね。



地球に住む1人でも多くの人が「1人じゃない」を実感出来ますように。

「1人じゃない」と思える事で、外側からの愛で寂しさを埋めようとするループから抜けられて、逃れられる呪縛がいっぱいあるから。

そこから人生を変えていけるから。


【第二章】ではそんなお手伝いも出来たらいいな。

守護を実感するお手伝い。題して『1人じゃないぜプロジェクト』(?)。








0件のコメント

Comments


bottom of page