Tお父さん丘:作業着のおじさん

January 4, 2018

こんにちは(^^)

ニューヨークに戻って、一度爆睡しました!

 

フロリダからニューヨークに戻る車内で、パパが運転中に助手席からTお父さん丘に行きました。

 

取り急ぎご報告です!

 

 

 

 

車の中から丘
動いてる状態で大丈夫なのかな?

入念にグラウンディング

上を向いたらアナドラいた
アナドラに乗って丘に到着

キャンプファイヤーの前で騒いでるおじさん

背が低くて、ちょっとぽっちゃり
作業服みたいなツナギを着てる
泣いてる
号泣しながら、身体の中の黒いエゴを必死で出そうとしてる

俺はダメ人間だ
何をやってもダメなんだ
俺の黒いの全部燃やしてくれ
俺なんて生きてる意味がない

 

嗚咽しながら号泣

ちょっとちょっとおじさん待ってよ
どうしたの?落ち着いて

俺なんてダメ人間だ
ダメ人間なんだ
何やってもダメなんだよ
何ひとつ上手くできない


まあまあ、落ち着いて
ちょっとここじゃない場所で落ち着いて話そうよ

白い着物の巫女さん風女性がサッと近付いて来て「こちらへ」って
でもおじさんは泣き崩れて動けない

巫女さんもう1人登場
2人でおじさんを挟んで両脇かかえて「おーっほっほっほ!」って笑いながら運んで行っちゃったw
私もついて行く

屋敷の中に入る
しばらく歩くと、めちゃ広い庭に出た
大きい池がいくつかある

橋がかかってる
鯉とかいる

この庭で1番景色が良いであろうベンチに連れて行かれる
おじさんと2人で座る

おじさんはぼーっと庭の景色を見てる
そして話し始めた

「この景色を家族に見せたら、喜ぶかな
いや俺と一緒じゃ嫌がるだろうな」


家族って、奥さんと子供?

「奥さんと、娘2人
みんな俺を嫌ってるよ
何も出来ないヤツだって
娘2人なんて俺を虫けらみたいに思ってるよ
しょうがないよな、奥さんがそう思ってるんだから
娘ってのは母親と同じように考えるもんなんだな」


そうかー・・・
何でそんなに嫌われちゃったの?
心当たりあるの?

「俺が馬鹿だからだよ
何やっても奥さんの方が上手く出来るんだ
奥さんの方が頭が良いんだよ
俺には道さえ覚えられない
道さえ覚えられないんだ
馬鹿なんだよ」


そうか・・・

奥さん、なんでおじさんと結婚したんだろ。。。(失礼)

「俺もそう思うよ
なんで俺なんかと結婚しちゃったんだろうな
まあ本人が1番そう思ってるんだろうな」


昔、付き合ってた頃は?
おじさんのどこが好きだって言ってた?

「出来ないところが可愛いって言ってたんだよ
私がいないとダメなんだから、って
でも子供が出来たら、変わっちまった
もう子供の世話で忙しくて俺の世話までしてられないんだってさ
そんでそれまで可愛いと思ってくれてた部分が、全部嫌な部分に変わったんだ

どうしたら良いんだよ
俺はもともとダメ人間だったんだ
急に出来る人間になんてなれないんだよ」


そうだよね😭
覚えられない人は、覚えられないんだよね!
覚えられる人には絶対に分かんないよね!
覚えられない人は生きてちゃいけないの?
すんごい記憶力が良くて頭も良い人たちしか、地球に生きてちゃいけないの?

ああなんか悲しくなってきちゃった😭
下の身体の鼻がツーンとする〜😭
涙出てきたーーー

しばらくおじさんと泣くw

2人とも泣きがおさまった時、おじさんが言った


「この庭はキレイだな
色とりどりの花が咲いてる
今は正月で冬なはずなのにな
家族に見せたかったな
まあどうせ俺とは見てくれないよな」


そこで急に思った

もしかしておじさん、いつもそうなんじゃない?
何する時も「どうせ俺には出来ないよ」、ってスネちゃったりするんじゃない?

おじさん、妻が旦那に求めてる事は、必死になってるかどうかなんだよ!

【家族のために必死に頑張ってくれてるか】

が、「出来たかどうか」よりも重要なんだよ!

いや、、、出来たかどうかも重要だけど、必死になってくれたか、が一番重要で、結果は2番なんだよ。

おじさん覚えられないなら、私みたいに自分用ホワイトボードを家の壁に付けな!
いつも見る場所に!!

奥さんに「ちょっとアレやっといてー」って言われたら、おぅ、とか言って、んで2分後には忘れるんじゃない?
言われたらすぐボードに書く!!

あと、やらなきゃいけないリストを携帯に作って、毎朝起きた時に見るルールにする!

この2つで大分変わるよ!
このお馬鹿アリアンが言ってんだから間違いない!

とにかく奥さんに、必死で家族のために頑張ってる姿を見せるんだよ!

「どうせ俺には出来ないよ」って拗ねてる旦那の姿が一番軽蔑されちゃうんだからね!
 

 

おじさん頑張って!!!
 

とりあえず、元気つけよう!

餅食べよう!!

すかさず巫女さん登場
「こちらへ・・・」

ご馳走が並んだ部屋に案内される
他にも人が沢山いる

おじさんがピンクのお餅を食べようとしたら、巫女さんがゴールドに光り輝くお餅を1つ、正方形のお上品なお皿に乗せておじさんに持ってきてくれた

おじさんが半分こしようって言うから、ほんのちょーーーっと、端っこひとかけらだけ貰った

ほんのちょっとなのに食べたら身体中じゅわわわわーーって一瞬蒸発したかと思った

金の餅食べてキンキラキンの前歯でニヤって笑ったおじさんは可愛かった


キラキラおじさん、笑顔でコモドドラゴンに乗って帰って行った

 

 

 

作業着のおじさん!!

 

見てますか?

 

お互い記憶力足りない同士、これからも頑張って生きていこうね!!( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

🔻引き続き、あなたのドラゴンor綱彦っちor緑コモドドラゴンがTお父さん丘に連れて行ってくれるボタンです!

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

December 3, 2019

November 22, 2019

November 21, 2019

October 12, 2019

October 1, 2019

September 18, 2019

Please reload

Archive