グウィディオン2

February 3, 2019

グウィディオンの続きです。

 

 

 

 

 

今年の1月のはじめの、ある日。

 

夜中に1人で。リビングで。

 

 

何故か急に、パパのたまに出る「意味不明の行動」に対して、怒りが湧き起こりました。

 

そしたら体がガタガタ震えだしたので、誰かつよーいのがそばにいるな、と分かり。

 

多分朝戸さんだな、と分かって。

 

朝戸さんが怒ってて、それが伝わって来て私が震えてる(笑)のが分かりました。

 

 

 

で、朝戸さんが一緒にいてくれるなら!って思って。

夜中にリビングの真ん中に1人立って、グウィディオンを呼び出してみました。

 

「いつまでもコソコソ隠れてないで、目の前に顔見せろ!」

「説教されんのが怖いのか?」

「ビビってんじゃねえよ。今すぐ出てこい。」

 

って、口に出して言ってみたら。

 

グウィディオンがおどおどしながら現れたのが分かったんで、ソファに寝転んで目を閉じました。

 

そのままグラウンディングして、ガイアさんにガッツポーズもらって、上を見ました。

グウィディオンがいました。

 

 

悪魔みたいな外見で、びっくり!!

身長が2メートル?3メートル?くらいあって。

悪魔のツノみたいのあって、悪魔の尻尾もある。コウモリみたいな形の羽まである!!

 

でも黒じゃない。

全身つぎはぎ。

誰かが縫って作ったみたいに、いろんな色がつぎはぎになってるんです。

明るい色は無かったな。黄色とかピンクとかは無かった。

だいたい暗めの赤、茶色、いろんな緑、灰色、だいだい、、、とか。不思議と黒は無い。

とにかくいろんな色の、いろんな素材?の、つぎはぎなんです。

 

 

最初いきなり手で髪の毛掴まれて「よくも俺を呼び出したな!」って目の前で怖い顔で言われたんで、ムカついてそのまま思いっきり顔に頭突きしてやりました。

そしたらガハハハハ!って笑われました。

 

そんで「ついてこい」って言われて宇宙を飛び始めたので自分の羽出して一緒に行こうとしたら、ライディーンが現れて「一緒に行く」と言うので、背中に乗りました。

グウィディオンは「お守りの登場かよ」とか言ってて、ライディーンは何も言わずグウィディオンを睨んでました。2人仲悪そう( ̄▽ ̄;)

 

 

私は。。。

相手が神様っぽかったり天使っぽい人とかだったらもっとムカついたんだけど。。。

 

悪魔系の外見だと親近感湧いちゃうじゃんか!って思いながら飛んでました。

 

 

 

 

ライディーンに乗ってグウィディオンについて宇宙を飛んで、ついたのはどこかの丘の、夜の葡萄畑でした。

 

紫のぶどうがたくさんなってました。

グウィディオンが「俺ぶどう好きなんだ」とか言って、ぶどうを取って食べました。

 

ここはどこ?

私の丘と繋がってんの?

 

と聞いたら

 

「今はすぐ近くにあるけど、まだちゃんと繋がってない」

 

と言ってました。

 

なんであんた、訳わかんない事ばっかり言ったりやったりすんの?

マジなんなんだよ!?

 

って聞いてみました。

 

「俺、愛知らないもん」

 

ってふつーに言われました。

 

 

。。。その後私の口から出た言葉は、私が言ったんじゃない気がするー( ̄▽ ̄;)

朝戸感たっっっぷりだったんです(笑)

 

急に自分の背筋がシュッとして、上から見下す極妻みたいな表情になって(笑)

 

「お前は一度も私を欲しいと、ひざまづいて願い乞うた事はない。

私が欲しければ、私の目の前にひざまづけ。

私を欲しいと願い、そばにいて欲しいと乞え。」

 

言いながら、

うおおおお!すげえ女王様発言!!

って思ってる私(笑)

 

でもそういえば、グウィディオンはかつてアリアンロッドを変態神様に捧げちゃったりして、一度も自分のものになって欲しいって言った事はなかったな〜

でも魔法で自分の子供を孕ませたりして結局自分のものにしつつ、ふりまわしてたなー

 

そして今回の人生でも、パパは私にプロポーズした事ないんだったー

 

なんて思いながら聞いてました。

 

そのまま私の口は勝手に喋ります(笑)

 

「今日限りで、本体は結婚指輪を外す。

もともとお前にもらった指輪など無いし、今本体がしているのは本体が祖母にもらった指輪。

お前の本体がこちらの本体に指輪を渡し、ひざまづき、願い乞うまで、この結婚は白紙に戻る。」

 

グウィディオンはぼーぜんとした感じでこっち見てるだけ(笑)

 

 

 

 

その時私の中の「朝戸感」がフッとなくなったので、今度は自分の考えで喋り始めました。

 

丘はどうなってんの?

近いけど繋がってない、ってどういう事?

 

と聞いてみました。

 

「こっちに来い」

 

と言われて丘のはじっこの方に連れていかれると、本当にすぐ目の前に私の丘があります。

(新居島じゃ無い方のちっちゃい丘)

ジャンプして簡単にのり移れる距離。

 

丘と丘は何ていうか…離れてるけど、両方から白いモヤモヤしたのが出てて、モヤモヤで繋がってる。

だから離れない。

 

私は私の丘に移動して、グウィディオンは自分の丘にいて、お互いの両手を繋いで引っ張ってみました。

丘と丘がくっついて、でっかいひょうたんみたいな形になります。

 

でも、ちゃんとくっつかない。

手を離すと丘同士も離れて、隙間が出来ちゃう。

 

何度か頑張ったけど、疲れちゃって。

「もう今日は終わり!」って言って、戻っちゃいました。

 

 

 

 

戻って目を開けると、背中が冷たい!!!

グウィディオンがひっついてる〜〜〜!!

 

あんためちゃ冷たいな!!

って言ったら

 

「愛ないから(ニヤリ)」

 

って言われました。

 

うわー、この氷みたいな冷たいのを、あっためなきゃいけないのか!

と思ってしばらく背中に熱を送ってみたけど、全然あったかくならず。

 

もう背中が寒くて寒くて。

今日はおしまい!!

つってソファに座って背もたれにバーンと寄りかかって、グウィディオン潰しw

 

疲れてそのまま寝ちゃいました。

 

 

 

続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🔻前回に続き今回もギューの【グラウンディングボタン】です。

丘解放前にグラウンディング力鍛えておけば、さらに見やすくなるかもしれないので!

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

December 3, 2019

November 22, 2019

November 21, 2019

October 12, 2019

October 1, 2019

September 18, 2019

Please reload

Archive