SATOMI丘1日目・アリアン編

February 6, 2019

 

 

グラウンディングして

 

上を向くと、アナドラ(赤龍姿)とライディーン(黒狼姿)

3人でSATOMI丘へ出発

 

 

まずは大量のフリージア

おお、夜だー

 

音楽が聞こえてくる

林の向こうからだ

 

 

フリージアの草原を、林へ向かって歩く

林の入り口の上の方に、ライトで「WELCOME」って書いてる

準備バッチリだなー!

 

林の通路は、横と上にある木の枝に電球がたくさん付けてあって

光のトンネルみたいになってる

めちゃ綺麗✨

 

 

 

ひょうたん湖に出ると

土の道には屋台が沢山出てて、食べ物買えるようになってるのが見える

人がいっぱいいる

 

白い、、上半身タイトだけど下半身ふわふわみたいな?ワンピース着た金髪美女…

系統で言うとマリリンモンローみたいな

が近付いてきて「こんにちは!屋台で好きなものを食べてね(^^)」って笑顔で言ってくれた

この丘の住人さんかな?

 

ライディーンとアナドラはどっかに飛んで行っちゃった

さっさと洞窟行ったっぽい

 

 

土の道を歩いてみる

 

保育園の子どもたちが、笑いながら色んなところを走ってる

動物の建物からクマの親子が出てきて踊ってる

 

屋台でキラキラ光る綿あめもらって食べた

 

カフェを通り過ぎながら、人がたくさんいるなーと思いながら歩く

いや正確には人じゃなく、宇宙人っぽいのが多いな…

2本足で歩いてるけど、どう見ても人間じゃない、ってのが多い

この丘は宇宙人のお友達が多いのかな?

 

 

レストランの前まで歩いた時

たくさん付いてた電球が全て消えて

急激に真っ暗闇になった

 

みんなが何事?って感じでざわざわし始めた時

 

ひょうたん湖からひゅ〜〜〜〜って、巨大花火が上がった!🎆

 

バーン!バーン!バーン!

って三発連続で上がって、みんなが「なんだよ〜花火か〜」ってホッとして笑顔になってるのが分かった

 

 

また明かりがついて

 

今度は石屋さんまで歩いたら

カップルが石屋さんから出てきた

女の人がすごく綺麗なフローライト(両手で持つサイズ、水色だけど紫とかピンクっぽい部分もある)を大切そうに手に持って、とっても嬉しそう

 

 

 

 

石屋さんの次の建物…まだ行った事ない建物に行ってみた

小さな丸太小屋

今まで見た建物の中で1番小さい

 

ドアをノックして開けてみると、中はとっても狭くて

壁際の台とか、いろんな場所にいろんな石が置いてあって

部屋の真ん中にテーブルがひとつあって

 

とっても太った、化粧のめちゃめちゃ濃いおばさんが椅子に座ってた

 

ここは何屋さんですか?と聞いてみると

 

「魔法屋だよ。あんたどんな魔法が欲しいんだ?」

 

って言われた

 

魔法屋?

魔法がもらえるの??

 

えーっと…

私にはどんな魔法が必要だと思いますか?

 

「そうだね…、ちょっとこの椅子に座んな」

 

テーブルを挟んで、おばさんの対面にある椅子に座らされて

 

「あんたは、人に嫌われる魔法が必要だね」

 

って言われた

 

人に嫌われる魔法?欲しくないよー( ̄▽ ̄;)

 

「今はまだ大丈夫かもしれないけどね。

あんたにはこの先、自分に異常に執着しすぎている、と感じる人が現れるよ。

それも1人じゃない。何人も現れる。

そんな時にこの魔法を使うんだよ。

自分に対する執着、興味を、薄れさせる魔法だ」

 

なるほど

 

「両手を出して」

 

両手を出すと、おばさんがペンみたいので私の手のひらに何か描き始めた

幾何学模様みたいな…めちゃめちゃ複雑なお花、みたいな…

すごく細かいのを、すごい速さで描くおばさん

 

片手が終わるともう片方の手にも、全く同じ模様を描いた

 

描き終わると私の両手を持って、何か口の中でモゴモゴ唱え始めたおばさん

 

両手のひらがチリチリして、両手の絵が光って、手の中に入って消えた

 

「これで良い。これで魔法を使えるよ」

 

っておばさんが言うから、どうやったら使えるの?と聞いたら

 

「呪文を決めな。その呪文を言うと魔法が発動する」

 

って言うから【アブラカタブラ】に決めた

おばさんがまた私の両手に向かって何やらモゴモゴ言って、呪文を設定してくれた

 

「魔法を使いたい相手に向かって両手を向けて、呪文を言うんだよ。

相手の写真や、相手から来たメールなんかに向けても良い」

 

分かりました!

おばさん、ありがとう!

えーっと、、、ここってお支払いとか、どうすればいいの?

と聞いたら

 

「この丘でお金なんていらないよ。今この丘の店にある物は全部、このイベント用に置いてあるんだ。誰でもどれでも持ってっていいんだよ」

 

って超太っ腹な事を言って、

 

「この小屋にある石たちだって、好きなの持ってって良いんだよ。

ほらあんたにはこれがいいだろ。カルセドニー。

今のあんたは、優しさと、穏やかさが必要だ。これがぴったりだよ」

 

ってカルセドニーの長細くてモコモコして可愛いのをくれた

 

 

魔女のおばさん、ありがとう!

 

 

 

 

お土産ももらっちゃったし、今日は帰ろう

 

他にもまだ見てない建物がいくつかあるぞ。一体何屋さんなんだろう。次回見に行こう。

 

楽しみだな!\(^o^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🔻引き続き、SATOMI丘へ行くボタンです!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

October 12, 2019

October 1, 2019

September 18, 2019

September 18, 2019

September 8, 2019

September 1, 2019

Please reload

Archive