SATOMIさん過去生リーディング②・冥界編

November 30, 2019

グラウンディングして

上を向くと、ライディーン、カラス2羽、火の鳥メロディがいた

 

みんなで冥界へ飛んだ

 

冥界に到着して、ライディーンが言った

「かなり奥の方で隠れてるな」

 

どうやらカラス2羽にはルシアさんの居場所が分かるらしい

冥界の迷路みたいな洞窟を、カラス2羽を先頭にどんどん奥へ進んで行く

 

あ、行き止まり

と思ったら、そのまま石の壁にライディーンが突っ込んで、壁を壊した

 

奥にはさらに洞窟が続いてる

カラス達が先へ先へと飛んで、私達もついて行く

 

奥に行くにつれてどんどん暗くなる

火の鳥メロディが灯りになって飛んでくれる

 

また行き止まり

ライディーンが壁をぶち壊す

先に洞窟が続いてる

 

・・・・を何度も何度も繰り返して

 

壁を18枚!壊して

 

ようやくルシアさんに辿り着いた!

洞窟内で青い炎に包まれて、癒され中のルシアさん

炎の中で座って下を向いて目を閉じてる

 

ライディーンがふーっと息を吹いて、青い炎を消した

 

炎が消えたら、座っていたルシアさんが目を閉じたまま横に倒れて

ライディーンがキャッチして

 

とりあえずルシアさんをライディーンの背中に乗せて、冥界の街まで飛んだ

 

 

冥界の街で一度ルシアさんをライディーンの背中から降ろすと

緑の小人がトコトコ歩いてきて

ルシアさんの背中に【勇気のつらら】をぶっ刺した

 

つららが刺さった瞬間、カッ!って目を開けたルシアさん

バッ!と私達から1歩逃げて、両腕を顔の前に出して、防御の姿勢をとった

 

ルシアさん、もう大丈夫だよ!

誰も騙しに来てないよ

と言ってみた

 

ルシアさんは目を何度かぱちぱちさせて

 

「ああ・・・そうね、終わったんだったわ。

あの人生は終わったんだった・・・」

 

と言って、両手を下ろした

 

 

ルシアさんにライディーンの背中に乗ってもらって

みんなで世界樹へ移動した

 

 

ーーー

 

 

世界樹温泉に入って冥界の闇を落として

 

ルシアさんを見ると、顔だけお湯から出して気持ち良さそうな表情で、宇宙の星を見上げてた

お湯の中にフラメンコの赤と黒の衣装がユラユラ広がってる

 

ルシアさんに聞いてみた

あの人生は、あの後どうなったんですか?

 

ルシアさん

「ずっと誰の事も、信用しなかったわ。

お金だけはたんまり貯め込んでいたから、踊りを辞めてからも生活に困る事は無かったけど。

歳を取れば取るほど偏屈になって、さらに人を信用しなくなった。

誰もが自分のお金を狙って騙そうとしている、と思ったわ。

完全なる偏屈ババアとして、人生を終えたの!」

 

偏屈ババアってそんな~( ̄▽ ̄;)

 

ルシアさん

「大人になったら、もうテリーと作り上げたような信頼関係は、誰とも作れない。

大人になったら信用出来る友達なんて、作れない。

そう信じ込んでいたの。

完全に自分の周囲に壁を作り、誰にも入り込ませなかった。

 

本当は『望めば』、大人になってからでも友達は作れたのにね。

本気で望めば、テリーのように信頼出来る関係を、大人になってからも作れたの。」

 

あのテリーって、今SATOMIさんの近くにいますか?

 

「今の夫です」

 

おお!そうなんですかー!!

優しい旦那さんなんだろうなー!

 

「私は丘に戻ります。

そして本体と共に抱える【人を心の底からは決して信用しない】というブロックを、この人生で壊します。

すでに大人になっている本体と一緒に、これから親友を沢山作ります!」

 

そうですね!(^^)

 

 

お迎えが来た

インドの神様っぽい雰囲気の・・・と思ってたら

 

『ラクシュミー』

 

と名乗ってくれた!

 

 

ルシアさんはラクシュミーさんに付き添われて、丘に戻って行った

 

 

 

 

SATOMIさんのご感想です(^^)

 

 

『アリアンさん

 

こんばんは!

改めまして、リーディング2回目、ありがとうございました!

なんだか今回は冥界のような気がしていました。

なんとなくなのですが!

 

ルシアさんを冥界から救ってくださりありがとうございます!

鋭い表情の踊り子ルシアさん・・・今の私とは表面的にはかなり異なっていて遠いように感じたけれど、

彼女がもっているものは私の中にも確かにあるなぁ、と思いながら読みました。

 

彼女ほど極端ではないけれど、私の中にも、人を簡単には信じにくい一面があります。

用心深いというか・・・

そして少し人見知りがあったり、

素の自分を人に見せることに怖れというか不安というか

そんなものもあります。

 

昔と比べ、かなり生きるのが楽になってきた今でも、

人の目をまだ多少気にしているふしがあって、

「いい子・できる子でいないといけない」という幼いころからの呪縛も、

日常のふとしたところでひょっこり顔を出してきたりもして、

 

「あぁ!まだこんなところに”しがらみや怖れ”が残っていたかぁ!!」と都度気づくのです。

 

また、人の期待に応えにくいことがあったとしても、

なかなかズバッと本音を言いづらい私がいたりして・・・

つまり、本当の自分を出したら嫌われるのではないか?

もしそれを受けて入れてもらえなかったら、立ち直れないんじゃないか?!

というような、怖がる癖のようなものが残ってしまっているように感じます。

 

最近の私だと、結局最後には、自分の気持ち(反論)も伝えるのですが、

伝えるまでに自分の中で葛藤したりモヤモヤしたりしてしまって、

それまでにエネルギーをかなり使って疲れてしまうことも多々。

 

傷つくのが怖いから、一人でいた方が楽。

人と接して、モヤモヤしたり悲しくなったり、それに振り回される自分が嫌。。。

そんな風に思う日が1日もないとは言えません。

それゆえに、「人好きの人嫌い」のような矛盾した自分もいたりします(笑)

 

そんな私の一面は、彼女の姿と、見える行動は違っても心がかさなります。

今世の私は、心豊かに生きたい、志を持っていきたいという思いが強く、

怖れつつも立ち向かっているつもりなので、日々傷つくこともありますが、

彼女の気持ち、発想は、とてもよく理解できました。

そして、そのように最後まで生きていかざるを得なかった彼女をさみしく思いました。

 

私が、ルシアさん(こちらも私だけど)に、傷つくことを怖れない勇気をあげたい。

絶対の味方になる!親友になってあげたい。と思いながら読みました。

 

テリーの存在には、私も救われました!

そしてそれはなんと、今世の夫なのですね^^びっくり!

確かに、私たち夫婦の関係性は、友達の要素も大きいのです。

私が✰つ年上なのですが、もし夫婦じゃなくっても、夫とは親友になれると思います。

そして、確かに変わらず私のことを大事に思ってくれていて、優しい人だと思います。

テリーが今も、こんなに近くで存在していてくれているのですね~!

(夫にもう少し優しくしよう、笑)

 

冥界のルシアさんにたどり着くまでに

ライディーンが18枚も壁を壊してくれたんですね。ありがたい!

18枚か!結構あったな(笑)

今の私もに、薄皮みたいに、芯にたどり着くまでに

全部で18層あった(ある)のかもしれない!と思いました。

 

ルシアさんが冥界から救っていただいて、

世界樹温泉で癒された後のことば、

”完全なる偏屈ババア”には吹いてしまいました。

吹いちゃいけないのかもだけど!

ルシアの人生を終えた後に、ちゃんと「わかった」んだなって。

 

これから私は、丘に戻ったルシアさんと一緒にブロックを壊していくのですね。

親友(本当に親友といえる人は今は少しです)が、ここからまた

たくさん作れるのですね!本気で望めば!

とても楽しみになってきました💗

確かに、真の親友と呼べる人なんてそう簡単にたくさんできないでしょ、と

思っていたふしがありますよ(笑)

友達って、年を取るたびに減っていくのかもしれない、仕方がないことだけど・・・

とさみしく感じていたり。

でも、だからこそ、これからの自分も、そして周りの世界も

どう変わっていくのかと、ワクワクしています!!

 

これから、人と交わるのを怖れることなく、「人好きの人嫌い」みたいな

矛盾するような私を克服して(笑)、人ともっと濃厚な関係を築いたり、

コミュニケーションを楽しんだりしていきたいです。

 

それこそが、人生の悦び、楽しみ、目的の、ひとつですもんねっ!

そして、公私ともに、ますます私自身が心豊かに過ごすためには絶対にイイコト、素敵なこと。

改めての気づきをいただきありがとうございました。

アリアンさん、今回も素敵なリーディングを、本当にありがとうございました。

 

3回目の「GO」と質問については、またご連絡させていただきますね^^

 

SATOMI』

 

 

 

 

『他人を心の底からは信用できない』

って、ある程度の年齢過ぎたら誰しも身に覚えがある感情だと思います。

 

実際騙す人達も存在するわけだし。

家族や大切な人を守るためにも、誰でも信じまくるわけにはいかない。

 

それでも恐怖心で壁を作りすぎないようにする。

・・って、バランスが難しい!

 

結局【直感】に従うしかないのかなー、とリーディングしながら考えてました。

その場その場で「あ、この人信用出来る」「この人なんとなくアヤシイ雰囲気を感じる」っていう自分の直感に、従ってみるしかないのかなと。

 

それで失敗したとしても、経験値になる。

「あ、あの直感はこっちの意味だったのか」とか知る事が出来て、次に役立つ。

 

 

 

SATOMIさん、今回もリーディングさせて頂きありがとうございました!

 

最終リーディングも楽しみにしてます!(・∀・)

 

 

 

 

 Super 7

 

 

 

 

 

 

🔻【自分の今のメイン守護さんを感じてみるボタン】です。

クリックしたら目を閉じて、何度か深呼吸して、じっと心を落ち着けてみてください。

守護さんの姿や、色や、気配や、エナジーの感じ、声などなど。

何かしらを感じ取る練習ボタンです!

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts

December 3, 2019

November 22, 2019

November 21, 2019

October 12, 2019

October 1, 2019

September 18, 2019

Please reload

Archive