Arian Reading ☽ Mt. Shasta

☆ 『丘』とは? ☆
全ての人が、自分の丘を持っています。
 
丘は天使からは『高天原』だと言われています。
『オーバーソウル』と呼ばれている場合もあります。

自分の中にいる沢山の存在達・・・「過去生」「インナーセルフ」「ハイヤーセルフ」などの【カケラ達】が、丘で自由に過ごしています。
 
丘が何者かに支配されていると、丘に住むカケラ達は眠らされてしまいます。
カケラ同士が交流出来なくなり、本体も丘の存在達と繋がれなくなります。
精神的に不安定になったり、鬱状態になったり、現実界が上手くいかなくなったり、長期間に渡って原因不明の体調不良が続いたりします。
​丘を支配する存在で私が今までに会った事があるのは、悪魔、魔物、鬼、吸血鬼、碧族、虫の形の何か、などです。


丘は人によって、全く違います。
大きさも内容も違います。
 
アリアンはヒーリングやパワー送信などをする時は、丘でハイヤーセルフと一緒に行っています。

私の丘は小さめ。
芝生の、こんもりした丘があって、座ると目の前に宇宙と地球を眺められます。
小さい森があります。
小さい泉があります。
小さいお花畑があります。

丘全体が海で小さい島がポコポコ浮いてる人がいたり。
海は無いのに海辺風コテージが建っている人もいました。
丘が80年代日本の駅前のボロビル、という人もいました。
覚醒するためにはまず、自分の丘の様子を知る事が大切です。
自分の丘を知ると、自分自身を知る事が出来ます。
​そして、エゴを見つけてエゴを手放しつつ(毒出し)、同時に自分の丘との繋がりを深める事で、覚醒は進みます。

​丘訪問

$200.00 / ¥20,000

両手のひらの写真をメールにて送って頂き、『丘』の様子を覗いてきます。

丘に誰かいれば、お話ししてきます。

丘が何者か(悪魔、魔物など)に入り込まれて支配されている(憑りつかれている)場合には、支配している存在を全て浄化し、丘にプロテクションの結界を張ります。

丘訪問がきっかけで冥界に居るカケラ(過去生)の存在が発覚する、という事もあります。

その場合には過去生リーディングと同じように、冥界にカケラを拾いに行きます。

そして約2週間後に確認の為、再度丘を訪問します。

追加料金は発生しません。

また、過去生リーディング3回セットをご依頼頂いた際に、1度目の過去生リーディングが冥界ではなかった場合、2度目または3度目のリーディングを丘訪問にすることも可能です。

*丘訪問をご依頼頂くと、丘が正常である(憑りつかれていない)事を確認出来る/又は闇を取り払って丘が正常化される為、ご希望であれば【ブログ月の泉】内にて丘解放イベントを行う事が可能となります。

現在ご依頼受付停止中です

  • Twitter Social Icon
  • Instagram - White Circle