不思議な家族が増えました🐕

モモ1歳(一緒に写ってるのは夏から家にいる猫のシロー)




猫たちと仲良しのモモですが、猫同士のケンカ遊びにはどうしても参加出来ません。

何度か入ろうと試みてましたが、身体の大きさが違い過ぎて猫たちが逃げて行ってしまいます。


で、家で猫たちがケンカ遊びをしてると、モモはいつもうらやましそうにジーーーっと見ていて。

モモにも遊び相手がいたらなあ…と考えていて、ワンダフルパートナーで多頭飼いについて相談したりしていました。



昨日たまたまシスキュー郡のFacebookグループで『子犬の飼い主募集』を見かけて。


どうやらお母さん犬はまだ1歳で、去勢手術を受ける予定だったんだけどコロナの影響で予約がなかなか取れなくて、山の奥の方に住んでて、飼い主さんの知らないうちに山から庭に来ていた犬がいるらしく、気付いたら妊娠していたそうで。

なのでお父さん犬はミステリー。どんな種類とか大きさとか毛の色とか長さとか全く分かりません。


その募集記事には、子犬貰い手の『条件』がいくつか書いてありました。


・アパートではなく一軒家庭付き

・今住んでいる家が大家族なので、子供が居る家

・今住んでいる家に犬がいるので、犬がいる家


うーん条件は全て当てはまるぞ。

ちょっと見に行くだけ行ってみる?


という事になり、募集主に連絡してみるとすぐに返信が来て。その日のうちに会いに行く事になり。

車で1時間ほどの場所だったので、モモも連れて会いに行ってみました。





子犬は生後3か月の男の子でした。白と茶色の毛で耳が大きくて、とっても可愛い。

まだ3か月だけどすでにお母さんと同じサイズでした。お父さんの大きさが気になります。


子犬くんはモモと会って最初は緊張してケージに入ったりしていましたが、5分くらいすると慣れてきて、モモの後をついて歩きはじめました。

そしてすぐに2匹で遊び始めました。

私たちがいる間ずーーーっと2匹でじゃれ合っててめちゃ楽しそうで、次男が「おれ、この子がいい!」と目をキラキラさせて言いました。


子犬くんがその家で付けられていた名前を聞いて、鳥肌立ちました。

飼い主さんがこう言いました。


「His name is Stone!」


Stone… 『石くん』!?(゚Д゚;)

Rolling Stonesがどーちゃらとか言ってた気がしますが、驚きすぎてもうあんまり耳に入ってきませんでした💧


最近石との繋がり方を師匠に改めて色々教えてもらったり、次男の事があったり、石関連で色んな事が立て続けにあって、『石の力』について今までよりも深く知っていく時期なんだろうなあ、と思ってたところに…


『石』という犬が現れたよー!(;´∀`)



と、いう訳で。



このたび新たに家族になった、石くん・・改め『アッシュくん』(Banana Fish 観終わったばっかりの次男が命名)です!





家に来た初日からすでにモモの事が大好きなアッシュ。

モモの姿が見えないとすぐ寂しそうにくーんくーん言います。



はじめて一緒にお散歩。アッシュはモモのあとをついて歩いてました🐾



モモが座ってるところに一緒に座りたい。



そしてくっつきたい♡



初日の夜、アッシュをどこで寝かせようかな…と少し悩みました。

モモはいつもパパDIY【上段人間のお昼寝ベッド/下段犬ベッド】の下段に寝てます。



これは人間が寝られるくらい長さがあるし、出来ればモモとアッシュ、一緒に下段で寝てもらいたい。

でもやっぱりモモ的には自分のベッドに新人が入ってくるのは嫌なのかな?

もう1つ犬用ベッド作るしかないか?

いやでもこれ1個でだいぶリビングの場所取ってるし・・


とゴチャゴチャ考えましたが。



問題なしでした。ε-(´∀`*)ホッ




【石犬】(?) のアッシュ君、これからどうぞよろしくお願いします!(*^^*)










🔻月の精霊たちのエナジーです🌜


141 views0 comments
  • Twitter Social Icon
  • Instagram - White Circle