Fluorite / Schorl / Zinnwaldite

Erongo Mts, Namibia

 

【フローライト / ショール / チンワルド雲母】

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

《アリアン石リーディング》

 

この石と繋がると、まず見えてくるのは・・・

 

『町』

 

どこの町かは分からないけど

石造りの建物が沢山並ぶ町

 

人が沢山いる

人がものすごーーく沢山いる

みんな疲れた顔して歩いてる

 

町の路地の1つ

人々の合間を縫って飛び回っている、1匹の黄色いドラゴン

とっても小さい

30㎝くらい?

人と人の隙間を、ユラユラクネクネ飛んでる

 

黄色い小さなドラゴンが、誰かを見つけた

ちょっと驚いた顔をして

それから嬉しそうな顔をして

『誰か』に向かって一直線に飛んで

『誰か』の胸にぶつかった!と思ったら、そのまま胸の中にスーッと入って行った

 

またすぐに『誰か』の胸から顔を出した黄色い小さなドラゴン

手に何か持ってる

黒い・・焦げカスみたいなのの、塊

ボールみたいに丸くして持ってるけど、ボロボロ崩れそう

 

黒い焦げカスボールを『誰か』から取り出した黄色い小さなドラゴン

『誰か』の胸から出てきて、手に持っていた黒い焦げカスボールを、美味しそうに一口でパクっと食べちゃった

 

『誰か』は、全く気付かない

何もなかったようにそのまま町の路地を歩いて行く

 

でも『誰か』の発してる気が、くっきり変わった

焦げカスに覆われていた【大切な何か】が一つ、『誰か』の中で輝きを取り戻した

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

黄色い小さなドラゴンに聞いた《この石について》

 

とても繊細な石だよ

とても優しい石だよ

 

誰かの『大きな毒』を、取り除く訳じゃない

もっと小さな部分を見てる

もっと繊細な部分を気にしてる

 

誰かの『大きな毒出し』が済んで

とうとう新しい第一歩を歩き始めた時

そこには必ず、取り切れていない『小さな毒』が、まだ残ってる

 

ちょっと緊張しちゃう

ちょっと恥ずかしくなっちゃう

ちょっと気後れしちゃう

あと一歩、心を開ききれない

 

そんなちょっとした葛藤、ちょっとした傷、ちょっとした恐怖心

そんなものをそのままにしておくと、それは少しづつ大きく成長して

いつか『大きな毒』『大きなブロック』に、なってしまう

 

そんな事を気にしている石

小さな、繊細な部分を気にしてくれる石だよ

 

 

ーーーーーーーーーー

 

 

黄色い小さなドラゴンに聞いた《この石の使用方法》

 

家に置くだけで大丈夫

小さな焦げカスを見つけるたびに、僕が入って行って食べてあげる(^^)

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

 

小さい蛇くらいの、ミニサイズの黄色いドラゴン君。

とっても可愛いです💛

 

Fluorite / Schorl / Zinnwaldite

  • No returns.

  • Twitter Social Icon
  • Instagram - White Circle